井戸兵庫知事、菅首相会食への批判「5人以上は不正確」 メディアに不満表す

20201220井戸知事

 兵庫県の井戸敏三知事(写真)は20日午前、テレビ会議で開催した全国知事会で、菅義偉首相が14日夜に8人で会食したとして批判を集めていることについて、知事会で「マスコミの報道は不正確」と指摘した。「5人以上の会食がだめと言っているのではなく、4人以下単位で食事をしましょうということ(が政府の呼びかけ)」と述べ、8人で食事をしても仮に4人ごとにアクリル板などで仕切られていれば問題なく、その点をメディアが正確に報じていないことに不満を表明した。4人以下の単位で食事ができるよう、対策している飲食店などへの影響を懸念して発言したとみられる。

 実際に菅首相の会食の場が適切に対策していたかについては、記者団に対し「確認ができていないので分からない」と話した。加えて「一国の総理がこういう状況の中で会食を行うことの是非は別問題」とした。そのうえで、菅首相の行動が適切だったかについては「コメントする立場にない」と述べるにとどめた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告