神戸市、新型コロナ対策のスタートアップ支援で発表会 22日に仮想空間で

 神戸市は22日に、スタートアップ(起業家)ら7組が新型コロナウイルスによって圧迫された市民生活を改善する技術やサービスを発表する「KOBEスタートアップピッチ〜STOP COVID-19×Technology〜」を開催する。ネット上に開設した仮想空間上で発表会を開催し、動画配信サイトYouTubeで同時配信する予定だ。神戸市や内閣府が取り組んだ新型コロナ対策も紹介。YouTubeの動画配信は誰でも無料で見ることができる。

 技術やサービスを発表する7組は、ICU専門医による集中治療の遠隔支援サービスのT-ICU(芦屋市)、非接触でタブレットなどを操作できるようにするソフトシステムの知能技術(大阪市北区)、ウエアラブル端末を医療や介護に取り入れるMoff(モフ、東京都港区)、日本語を学習マッチングのHelte(ヘルテ、千葉県柏市)、学習アプリ「はやべん」のいま-みらい塾(神戸市中央区)、フィットネスや整体の指導効率化サービスを手がけるSportip(茨城県つくば市)、動物の状態や感情を読み取る機器開発のラングレス(東京都港区)。

 いずれも神戸市が実際に新型コロナ対策として起用したサービスか、米ベンチャーキャピタルの500スタートアップスと共同で実施した「500 Kobe Accelerator」の参加企業または、新型コロナによって顕在化した社会課題の解決をめざす実証実験などに神戸市と取り組んだ企業のいずれかだ。こうした新技術などを他の自治体にも紹介するのが今回のねらい。すでに京阪神を抱える府県のほか、東京都の渋谷区、名古屋市、茨城県のつくば市などが参加する予定だ。

 神戸市にとっても、新型コロナへの対応と新産業育成を両立させた事例を紹介する機会になる。動画配信は22日午前11時から1時間半程度を予定している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告