神戸風月堂「ばえるゴーフル」元町本店限定で発売 12日から土日の日中時間帯

20201212マイゴーフル

 洋菓子を製造販売する神戸風月堂は12日、元町通商店街3丁目(神戸市中央区)にある神戸元町本店で、注文を受けてからシェフが手作りするゴーフル「マイゴーフル」を発売する。定番の大きなゴーフル2枚で、マイゴーフルのために開発したホイップクリームと、フルーツやソースをはさむ特別のゴーフルだ。これまでのゴーフルにない華やかな見た目。ツイッターやインスタグラム向けにも映(ば)えることから、販売日には店舗内外2カ所に撮影スポットも開設する。(写真は神戸風月堂提供)

 メニューは3種類。ストロベリーのホイップクリームにイチゴやブルーベリーなどのベリー類とピスタチオをトッピングした「ベリーベリー」(写真左)、チョコレートのホイップクリームやガナッシュ(チョコレートのソース)をバナナに合わせた「チョコバナナ」(写真中)、自家製の香り高いキャラメルソースとリンゴにホイップクリームやドリカポクラッシュ(アーモンド風味の砕いたクッキー)を添えた「キャラメルアップル」(写真右)を用意した。フルーツパフェのような、みずみずしく豊かな味わいをめざした。

 オプションで名前やメッセージなどを10文字程度まで入れられる。できあがりを待つ間には、手作りする様子が見えるキッチンでシェフが作業。でき上がったマイゴーフルの写真を撮り、「#マイゴーフル」または「#my_gaufre」とタグを付けてツイッターかインスタグラムに投稿した顧客には、神戸風月堂オリジナルの「ゴーフルステッカー」を配布する。3種類とも価格は税別555円(文字入れオプション同55円)と、ゴーフルだけに5をフルに使う。クレープのような食べ歩きを想定。

 毎週土曜日、日曜日の午前10時から午後4時までと販売時間も日中に限定する。元町本店を活性化する一環とあって販売する店舗は元町本店のみ。元町本店の限定商品としては、10月1日に発売した「3丁目のおいもパイ」(店頭で焼き上げるさつまいものパイ)、10月30日に発売した「ゴーフニャ」(生感覚のゴーフル)に続く第3弾になる。マイゴーフルの発売日は創業記念日である12月12日に合わせた。創業当時から位置を変えない元町本店で、さらなる集客をねらう。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告