兵庫県議会での知事発言「来年の知事選挙について」退任意向表明(2)


 2つは、ポストコロナ対策です。コロナ禍で見えてきた課題①オンラインの活用をベースとした情報社会への対応②過密から過疎へ、集団から自立へ、大都市から地方へなどの新たな価値に支えられた動きや地方回帰を受け止める兵庫の実現③働き方改革の徹底とスタートアップや起業創業環境の整備--などです。
 3つは、人口の減少と若者の流出、地域社会の崩壊の機器など地域構造の変化に的確に対応する地域創生の活性化です。
 4つは、2025年問題など急速な高齢化を支える社会システムの確立ですし、乳幼児から高齢者まで人生100年時代にふさわしい県民1人ひとりが安心して暮らせる社会づくりです。
 5つは、南海トラフや巨大化する自然災害への備えなど安全基盤の計画的整備です。あわせて道路のネットワーク化を急がなければなりません。
 6つは、個性豊かな5国のポテンシャルを生かし、連携し、過密過疎が有機的に相互依存し合う活力ある地域をつくることです。「日本の縮図」たる兵庫は全国を先導するモデルとなり得ます。
 7つは、地域の自立、地方分権です。関西広域連合も10年の節目を迎え、新たな展開が期待されています。関西が国土の双眼構造の一翼を担うためには、広域での連携と各地域の自立が不可欠です。国からの権限移譲や事務の見直しなど、地方自治の確立を憲法の改正論議と合わせて行わねばなりません。
 これらの課題に対しては、すでに「2030年の展望」において一定の方向付けをしていますが、さらに、2050年を目標とする新しい長期ビジョンの検討も本格化しています。
 このようにみてみると、まさに、これからは従来の延長線では対応できず、新たな発想とそれを実現する行動力、そして課題を的確に把握して進むべき方向を示す先見性が必要です。しかし、県民と遊離したものであってはなりません。県民とともに考え、取り組む姿勢が必要です。県政理念である「参画と協働」は引き続きベースにしてほしいと思います。
 「変革と挑戦」。これが、これからのキーワードです。

 私はすでに75歳を超えました。体力には自信がありますし、気力に衰えを感じているわけでもありません。しかし、知事として5期20年にならんとしています。1期ごとに県民の審判を得ているとはいえ、相当の期間でもあります。県庁という組織も若返らせねばなりません。活性化させねばなりません。
 新しい時代を作る。これは新しいリーダーの元で作り上げるべきです。
 私は、これから8カ月弱の任期いっぱい、これらの課題を新たな時代に引き継ぐための役割をしっかり、はたしてまいります。ポストコロナ時代を先導する兵庫モデルに引き継いでいきます。

 議員各位をはじめ県民の皆様には、どうか私のこの決意をお許しいただきますようお願いします。また、この私に変わらぬご支援をいただきましたことに心から感謝します。
 議員の皆様の変わらずのご指導、ご鞭撻をお願いし、ご健勝でのご活躍をお祈りして、ごあいさつとします。ありがとうございました。

(議場で配布した発言要旨を参考に作成)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告