ドーン、大引けに2万4200株の売買成立 254万株の買い注文を残す

20191231神戸株ワッペン

終値 2706円 +500円(22.67%)

 10日の東京株式市場では、ドーン(2303)が急伸。後場の取引時間中は制限値幅の上限(ストップ高)である前日比500円高の2706円で、買い気配のまま売買が成立しなかった。大引けで2万4200株の売買が成立し、254万7200株(指し値2万5600株、成り行き252万1600株)の買い注文を残した。

 同社株は10日朝の「110番通報する際、スマートフォンで撮影した映像も送ってもらうシステムを、警察庁が来年度から全国の警察で導入する」との一部報道を受けて、買いが殺到。同社が開発して一部の導入したたシステムが全国に普及することへの期待感から、前場中ごろにストップ高買い気配になっていた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告