神戸ポートタワーが2分ごとに色とりどり 期間限定で、展望台も営業延長

2020/12/03  23:20 ポートタワーの演出が変更になりました。詳しくは4日に掲載します。

20200915ポートタワー

 神戸ポートタワーでは、レーザーアート「GlobalRainbow(グローバルレインボー) @Kobe 2020」を夜空に映し出す展示期間の4〜13日にあわせた期間限定で、LED投光器にによるカラーライトアップを実施する。アジア初の巨大アートを展示するのにあわせて、ポートタワーも色とりどりに輝いて夜空をいろどる。

 期間中は日没前後から午後9時まで、2分おきに照射する色を変えてポートタワーをさまざまな色で浮かび上がらせる。これまでほとんど見られなかった青や緑、ピンクといったカラフルなポートタワーが見られる(写真は9月15日の試験照射)。午後9時以降は消灯する午後11時半まで、通常のライトアップを実施する。

 これに合わせてポートタワーも営業時間を延長。冬季のため通常は午前9時〜午後7時の展望台の営業時間を、午後9時までにする(最終入場は午後8時半)。展望3階では、灘五郷に含まれるすべての酒蔵の日本酒をそろえた日本酒バー「サケタルラウンジ」も営業する予定だ。

 1階では神戸の地ビールを製造する「IN THA DOOR BREWING(インザドアブルーイング)」のポートタワー店「TAP TOWER(タップタワー)」が限定の瓶ビールを販売。仕込み水は六甲布引の水を100%、原材料も神戸産のオーガニック大麦モルトを100%使って神戸で醸造。文字通り「神戸のビール」だ。店舗前のテラスでおみやげ用に販売する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告