今日の株式相場・1日 小反発か、月末通過で押し目買い 2万6500円近辺も

今週はトライアルで、記事全文を公開します。どうぞご利用ください。

▽株価指数の前日終値
日経平均  26433.62円 -211.09円(-0.79%)
TOPIX    1754.92  -31.60(-1.77%)
ダウ平均  29638.64ドル -271.73ドル(-0.90%)
S&P500   3621.63 -16.72(-0.45%)
ナスダック 12198.737 -7.109(-0.05%)

▽小反発か、月末通過で押し目買い
 日経平均は2万6500円近辺に上昇も

 1日の東京株式相場は小反発か。前日の米株式相場が下落したのを受けて積極的な買いが入りにくいとみられる。ただ、日本株の中長期的な先高観は根強く、押し目を拾う動きは活発になりそうだ。総じて株式相場は小幅な上昇が見込まれる。日経平均株価は2万6500円近辺に上昇か。ただ月末のリバランスに伴う売りが前日で終了したとみれば、後場にかけて上げ幅が広がる可能性も残る。海外株式相場の動きなどをにらみながら買いを入れるタイミングを探るような相場展開になるだろう。

 11月30日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が反落した。相場が過去最高値圏にある中で、月末だけに利益確定の売りや持ち高調整の売りが優勢になった。上昇が目立っていた景気敏感株などには売りも膨らんだ。米国での新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感も売り材料とされたが、スマートフォンのアップルなどは上昇。半導体株などは総じて上昇し、ハイテク株のウエートが大きいナスダック総合株価指数の値下がり率は0.1%にとどまった。

 前日は日米ともに、月間で記録的な上昇だった月末とあって、機関投資家は持ち高(ポートフォリオ)に占める株式の比率が、目安から大きく上回ったことを調整するための売り、いわゆるリバランスのための売りが出やすかった。上昇した銘柄を売ることになるため、利益確定の売りになりやすい。加えて11月30日の大引けでは、世界の機関投資家の多くが運用の指標にしている米MSCIの指数の銘柄入れ替えに伴う売買もあった。こうした月末要因は一巡したとみられ、月が変わって前日の下げは押し目とみられやすい。

▽注目銘柄 三菱重(7011)/コマツ(6301)

 三菱重(7011)は30日に開いた事業計画の説明会で、火力発電設備の低炭素化など環境・エネルギー分野に2021年度からの3年間で900億円を投資する方針を示したと伝わった。水素サプライチェーンや二酸化炭素(CO2)回収などに加え、水素を使って火力発電設備からのCO2の排出を減らす技術も開発する。航空機の開発ではつまづいたが、発電プラントなど同社が強みを持つ分野をからめて、エネルギーで先行する川重(7012)などを追う。環境技術による収益改善に期待が高まるか関心を集めそう。

 1日付の日本経済新聞朝刊は、「コマツは東南アジアに従来よりも価格を1割下げた建設機械を投入する」と報じた。都市開発の需要増をにらみ、従来よりも機能を絞ってコストを抑えた油圧ショベルを開発するという。建設投資が年率6%のペースで伸びている成長市場での事業拡大につなげる。価格攻勢を強める中国勢に対抗し、高い市場シェアを獲得することで、中長期的に収益が拡大するのを期待した買いにつながるか関心を集めそう。

▽今日の行事予定(発表予定など)

 取引開始前は10月の失業率・有効求人倍率、7〜9月期の法人企業統計が発表される。取引時間中は午後2時に11月の新車・軽自動車販売台数が発表される。大引け後には伊藤園(2593)とロック・フィールド(2910)が5〜10月期決算を発表する。海外では11月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI)、豪中銀が政策金利を発表。欧州ではユーロ圏消費者物価指数(HICP)が発表される。米国では11月のISM製造業景気指数、10月の建設支出などが発表される予定だ。

▽前日の相場予想(結果は「反落」)
・ブルームバーグ「続伸へ」
・神戸経済ニュース「5日続伸か」
・日経QUICKニュース「続伸か」
・ロイター「強含み」
《月末リバランスの売りが想定以上の大きかった》

▽関連コンテンツ

・予定は変更になる場合があります。
・この記事は、国内外の経済動向や相場動向を解説することを目的としております。投資勧誘や特定の商品の購買勧誘を目的としたものではありません。
・この記事は、信頼できると思われる情報、データに基づいて作成されていますが、筆者・発行者がその情報の完全性や正確性、相当性などを保証するものではありません。
・この記事の情報を利用する場合は、すべて利用者の責任においてご利用ください。その結果として生じたすべての帰結について、筆者・発行者は一切責任を負いません。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告