神戸医療産業都市の運営委、「環境・交流」「人材戦略」の2部会制を事務局提案

 神戸市中央区のポートアイランドに立地する企業や研究・教育機関などの代表者による2020年度1回目の「神戸医療産業都市運営委員会」が26日に開催された。事務局の神戸医療産業都市推進機構は、21年度に同運営委が「都市環境・交流部会」「人材戦略部会」の2部会制で活動することを提案した。会議はテレビ会議システムを通じて実施した。

 今年度までは広報部会、都市環境部会、産学連携部会の3部会で活動してきたが、ポータルサイトの活用が始まるなど一定の結論を得たものや、キッチンカー誘致やバス運行による通勤時のポートライナー混雑緩和など継続した活動が必要なものを整理した。21年2月ごろまでに第2回の運営委を開催し、21年度の活動方針を正式に決定する。

 あわせて推進機構は、神戸医療産業都市に立地する企業へのアンケート調査の結果も説明。調査した8、9月の段階でも出張を禁止する会社・団体が4社(16%)あった。加えて外部との打ち合わせや、セミナー・勉強会への参加といった外部との接触への制限を、現在も継続している会社や団体が一定数あることが分かった。運営委に参加する25社を対象に調査し、全社から回答を得た。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告