兵庫県が実施する「感染拡大特別期」の新たな対策(表) 外出自粛要請など

 兵庫県は24日に開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、同県の基準で「感染拡大特別期」に入ったことを受けて「ターゲットを絞った外出自粛要請」「Go Toキャンペーンの運用の見直し」など新たな対策を実施することを決めた。兵庫県がまとめた新たな対策は以下の通り。

 ターゲットを絞った外出自粛要請
 (1)感染拡大地域への不要不急の往来自粛要請(東京、大阪など。若者には特に注意を要請)
 (2)高齢者等に対する不要不急の外出自粛要請
 (3)クラスター化を避けるための家庭や職場等へのウイルス持ち込み防止(毎日の検温実施など健康管理の要請)

 Go To キャンペーンの運用見直し等
 (1)Go Toトラベルキャンペーンの制限に関する国への要望(東京、大阪など除外を国に要請)
 (2)Go To イートキャンペーンの申し込み受け付け等の一時停止(食事券の第4期以降の申し込み受け付け・抽選を当面停止)
 (3)飲食店への要請[継続](仕切り板などで4人以下で飲食を提供、Go To イート不参加店にも要請)

 事業者における感染拡大防止の取り組み
 (1)在宅勤務等の推進(テレワークやテレビ会議システムなどの活用)
 (2)施設等における検温等(マスク着用の徹底も要請)

 検査・入院医療体制の強化
 (1)社会福祉施設等へのPCR検査の強化[継続]
 (2)宿泊療養施設の増強[継続]
 (3)医療機関への周知(重症化防止のための標準的な治療法などを展開)

(兵庫県が24日に発表した資料をもとに作成)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告