神戸市、住民向けプレミアム付き宿泊券を抽選販売 24日から専用サイトで

 神戸市は24日午前10時から、同市の住民を対象に市内の宿泊施設で利用できる「KOBEプレミアム宿泊クーポン」の抽選販売を始める。祝日と祝日の前日を除く月〜木に使用できる平日限定クーポンは、5000円分の利用券を2000円で販売。曜日を限定しないクーポンは5000円分の利用券を2500円で販売する。専用ホームページか各区役所などに置く応募ハガキで申し込む。落選者には抽選で神戸ビーフなどが当たる「Wチャンス」もある。

 クーポンは「平日限定」「限定なし」それぞれ4万枚、合計8万枚の販売を予定する。登録した神戸市内の宿泊施設で宿泊のほかレストランなどでも利用できる。利用期間は2021年1月4日〜6月30日を予定。4月28日〜5月9日の大型連休期間には使えない。現時点で約90施設が登録している。1人1回、最大8枚まで購入を申し込める。利用時は対象施設に直接、申し込む必要がある。政府の「Go To トラベル」との併用もできる。

 落選者向けには「Wチャンス」として、抽選で神戸の地場産品が当たる。賞品は「真珠のペンダント」が5人に、神戸ビーフ「すき焼き肉600グラム」が10人に、焼き菓子などの「神戸スイーツ」「灘の酒」がそれぞれ800人など。応募締め切りは専用ホームページが12月8日午後6時、応募ハガキは12月8日必着だ。当選者には12月21日ごろから入金案内の封筒を発送する。

 新型コロナウイルスの感染拡大で不振が続く観光業を支援する一環。利用料金の一部を神戸市が負担することで、神戸市の住民に「近場の観光」の再発見を促す。発行にかかる費用は9月補正予算で確保した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告