石光商事の前期、純利益48%減 年金制度の移行が影響

20170510石光商事決算グラフ

 石光商事が10日発表した2017年3月期の連結純利益は前の期に比べ48%減の1億9700万円だった。確定拠出年金への移行に伴う特別損失2億3400万円を計上したのが響いた。コーヒーは価格競争には積極的に加わらず採算を重視したといい、営業利益は87%増の5億700万円と大幅増。一方で売上高は前期比4%減の380億円と減少した。

 2018年3月期の連結純利益は前期比2.3倍の4億5000万円を見込む。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

kobekeizai

Author:kobekeizai
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告