王子動物園のパンダ「タンタン」切手にも登場 神戸市内の郵便局で9日から

20201104タンタン切手

 日本郵政傘下の日本郵便近畿支社は、記念写真と切手を1枚のシートにしたオリジナルフレーム切手「ありがとうタンタン」(写真=日本郵便近畿支社提供)を9日に発売すると発表した。中国への帰国が決まっている神戸市立王子動物園(神戸市灘区)のパンダタンタン」に、神戸に滞在した約20年の感謝の気持ちを込める。神戸市内の郵便局などで販売。9日には記念の「切手位贈呈式」を王子動物園で開催する。

 タンタンの写真は王子動物園のスタッフが撮影した。竹を食べているところや、「タンタンおにぎり」と呼ばれた後ろ姿など、全10ポーズが10枚の切手(840円分)になっている。切手ではない大きな写真は、笹と王子動物園の緑に囲まれ、白と黒の体がよく目立つ構図になっている。1シート税込み1400円で、簡易郵便局を除く神戸市内の郵便局で販売。15日からは日本郵便のネット通販サイトでも販売する予定だ。

 贈呈式は9日午前10時から、王子動物園のパンダ館前で開催する。タンタンが食べている竹の採取地にも近い神戸大沢郵便局(神戸市北区)の藤井尚志局長から、王子動物園の上山裕之園長に切手を渡す。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告