神戸市、須磨海浜公園の再整備で市民アンケート調査 実施設計に反映

20201026須磨海浜公園

 神戸市は26日、再整備を進めている須磨海浜水族園と海浜公園について市民アンケートを実施すると発表した。同日から開始した。須磨海浜水族園と海浜公園ではの再整備では、水族館やホテルなどの建設が決まっているが、一体的に公園も整備する。公園部分は再整備後も住民が従来通り、自由に、無料で出入りできることから、広く意見を聞くことにしたという。(図はイメージ=神戸市提供)

 アンケート調査の実施期間は11月15日まで。神戸市によると現在は、サンケイビル(東京都千代田区)を代表とする共同事業体で、園地の「基本設計」を進めている。これから始まる「実施設計」で、アンケートで得た住民の意見を取り入れることから、この時期のアンケート実施になったとしている。

 アンケートの内容は、開設する広場や園路、子供向け遊具や健康遊具、歴史的な遺構の保存・活用、公園管理棟と管理運営、防災施設についての5問。それぞれ「おおむねこの内容でよい」「わからない」「プラスしたほうが良い機能や施設がある」の3択で答える。

 アンケート結果は神戸市のホームページで公表する予定。アンケート結果を反映した実施設計については、地元住民に説明する必要もあることから、2021年に予定する着工前には公表する計画としている。海浜公園の再整備事業では、23年9月に一部を開業。24年春の完成をめざす。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告