日本最大級の靴・サンダル展示会、10月は予定通り開催 5月は中止

20191016展示ブース

 日本ケミカルシューズ工業組合(神戸市長田区)は10月14・15日に、日本最大級の靴・サンダル展示会「第167回日本グランドシューズコレクション&全国サンダルフェア」を神戸国際展示場1・2号館(神戸市中央区)で予定通り開催する。例年は1月、5月、10月と年3回開催しているが、前回開催を予定していた5月は政府が新型コロナウイルスの緊急事態を宣言したことなどを受けて中止していた。(写真は過去の展示会の様子)

 開催にあたっては安全対策に大きく注意を払う。出店者、来場者とも全参加者のマスク着用と会場入場時の検温を実施するほか、消毒液を各所に配置して手指消毒を徹底。さらに扉の開放や空調機器によって常時換気するほか、注意喚起の看板類など作成する計画という。現在は日本ケミカルシューズ工業組合のホームページなどで来場者の登録を受け付けている。

 日本シューズ産業協同組合(神戸市長田区)の「日本シューズ産業見本市」も神戸国際展示場3号館で同時に開催する。同展示会も日本ケミカルシューズ工業組合の展示会にあわせて、これまで年3回開催してきたが、5月は開催を中止していた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告