三宮再開発 図書館「こども本の森神戸」で新たな予想図など公表、安藤氏寄付

 神戸市は24日、東遊園地(神戸市中央区)再整備の基本設計を公表したのに合わせて、世界的な建築家の安藤忠雄氏が寄付する予定の子供向け図書館「こども本の森神戸」を含む新たな完成予想図も公表した。同図書館は2階建てで、延べ床面積は約600平方メートルを予定する。

 蔵書数は最大2万5000冊程度。現時点で配架する本の方針などは決まっていないという。本は図書館から持ち出して、近くの木陰などでも読めるようにする方針。ただ貸し出しは想定せず、当日中に返却する仕組みにする。2022年春の開館をめざす。

20200924花時計から
花時計が正面に見える南西側からの見え方(神戸市提供)

20200924北側から
北東から。新たに建設する税関前歩道橋と「こども本の森神戸」(神戸市提供)

20200924内観
「こども本の森神戸」の内観(神戸市提供)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告