川重、日本初のLNG燃料供給船「かぐや」の命名式 坂出工場

20200918かぐや

 川崎重工業は18日、重油の代わりにLNG(液化天然ガス)を燃料にする船舶向けに燃料供給する日本初の船舶に「かぐや」と名付ける命名式を開催した。命名式は同船を建造している川重の坂出工場で開催。日本郵船の長沢仁志社長と川崎汽船の明珍幸一社長が命名した。東京電力ホールディングスと中部電力の共同出資会社で燃料事業のJERAの中村直常務執行役員と、豊田通商の日高俊郎機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部CEOが支綱切断した。

 「かぐや」の発注主はセントラルLNGシッピング(三重県三重郡川越町)。郵船、川崎汽、JERA、豊田通商の4社が出資し、日本初になる船から船へのLNG燃料供給をめざす。規制強化を受けて、重油よりも大気汚染物質や温暖化ガスの排出が少ないクリーンエネルギーとして、LNGを燃料にする船舶が増えることに対応する。実際のLNGを使った試験などを実施したうえで引き渡し、年内にも稼働する計画だ。

 完成後はJERA川越火力発電所(三重県三重郡川越町)を拠点に、中部地区でLNGを燃料とする船への燃料供給に投入する。積載するLNGは3500立方メートル。総トン数は4044トン、全長81.70メートル、幅18.00メートル。深さは7.80メートルで計画喫水は4.80メートル。この船の燃料はLNGではなく、環境に配慮して硫黄分の少ない「低硫黄適合油」を使用する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告