「ザ・ロイヤルパーク・キャンバス神戸三宮」1月21日開業 宿泊主体型ホテル

20200914キャンバスラウンジ

 三菱地所の傘下でホテル事業を統括するロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは14日、神戸市中中央区の都心三宮地区で建設中の「ザ・ロイヤルパーク・キャンバス神戸三宮」を2021年1月21日に開業すると発表した。ロイヤルパーク系列のホテルが神戸市内で開業するのは初めて。兵庫県内でも初めてになる。宿泊の用途を中心として、日常生活の延長にあるような機能性を重視した「ライフスタイル型」のホテルとして建設した。

 神戸市営地下鉄の三宮駅から徒歩で約2分、阪急神戸線の神戸三宮駅からは徒歩約5分の好立地で、神戸の街を存分に楽しむことができる。外観は帆船の帆をイメージし、内装や海のうねりや山の起伏を表現したおしゃれな内装に設計した。客室ではテイクアウトで購入した地元グルメや、仕事をするスペースとしても使いやすいよう。広めのデスクを備える。テラス席を備えた「キャンバスラウンジ」(イメージ図=ロイヤルパーク提供)は、宿泊客以外も立ち寄ることを想定した。

 ホームページは14日に公開した。10月1日正午から、開業日の21年1月21日から6月30日までの予約受け付けを始める。予約開始に合わせて割安な料金で宿泊できる「開業記念プラン」を設定。1室あたりの料金は、コンフォートダブル(17.0平方メートル)が1人利用で6240円から。スタンダードツイン(21.6平方メートル)は8160円からなどとした。料金は宿泊日によって変動する。

 地上12階建ての鉄骨造。延べ床面積は約6400平方メートル、客室数は170室だ。客室以外にはキャンバスラウンジとジムを設ける。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告