和田興産、3〜8月期の税引き益59%減に下振れ 通期予想は据え置き

 和田興産は11日、2020年3〜8月期の単独税引き利益が前年同期比59%減の5億2000万円になったようだと発表した。従来予想の5億8000万円からやや下振れし、減益幅が拡大したもようだ。所有固定資産を分譲マンション事業に転用することなどで、固定資産除却損などの特別損失を計上するため。

 3〜8月期の売上高は28%減の159億円になる見通し。従来予想の180億円から減収幅が拡大する。売上高は予定していた分譲物件の引き渡しの一部が、手続きに時間がかかるなどで9月以降にずれ込んだため。ただ、既存物件の採算改善などにより、上期の営業利益は45%減の12億円になる見通しを据え置いた。

 21年2月期の業績予想は据え置く。3〜8月期の売上高を従来予想比で減額した分は、9月以降の売り上げ計上になるため。3〜8月期に計上した約6000万円の特別損失も、コスト削減などで吸収すると見積もる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告