アーバンイノベーション神戸でスタートアップ4社採択 8〜12月に実証実験

20200906UIK.png

 神戸市はスタートアップ企業やベンチャー企業と行政が共同で行政の課題に取り組む「Urban Innovation Kobe(アーバンイノベーション神戸)」で、8〜12月を実証実験の時期として計画する4課題について、4社を採用したと発表した。専用のウェブサイトから応募があった合計21社の中から、書類選考と面談を通じて7社を採択した(表)。

 今回は神戸市が5つの課題を提示して、スタートアップを募集した。ただ「家庭でも活かせる!親子で学べる新しい交通安全教室を作りたい!」については、採用がなかった。

 今後は9〜10月にスタートアップと担当職員でサービスの共同開発、11〜12月に試行導入や実証実験を実施。21年2月に成果発表会を開催する予定だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告