川重、「ローカル5G」でスマート工場の実証実験 播磨工場で

20200903川重ローカル5G

 川崎重工業と傘下のベニックソリューションズ、関西電力の子会社であるオプテージの3社は3日、企業などが構内を対象に構築できる高速通信規格「ローカル5G」を活用したスマート工場の実証実験を川重の播磨工場(加古郡播磨町)で10月から始めると発表した。無線局の予備免許をすでに取得。同時に多数の端末を超高速通信で接続できる「5G」の特徴を生かして、工場内のネットワークを柔軟に構築できるうえ、将来は工場外の連携した運営などにつなげる。

 今回の実証実験では、川重の播磨工場で運用しているロボットシステムで、熟練技術者の動きを再現するロボットによる作業の様子を、高精細画像で伝送する際の操作性などについて検証する。ローカル5Gに関する活用のノウハウや、利用技術の獲得をめざす。川重が実験に使う設備の構築と実験の運営を担当。ベニックは工場内の情報システム構築、オプテージはローカル5G無線設備の構築と運用などを担当する。

 将来的には無線による遠隔操縦によって労働力不足への対応や、熟練作業者の技能継承につなげる。新型コロナウイルスの感染拡大で必要性が高まったリモートワークが、工場の生産現場にも適用できる「リモート工場」を進めることにもなりそうだ。将来は工場内の5Gネットワークを光回線で外部に接続し、建設現場のロボットや他の工場のロボットと連動した動きなどにも展開したい考えだ(図=川重提供)。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告