フェリシモ、今年の株主優待は「信楽焼の小鉢」など 31日時点の株主に

 通販大手で東証1部上場のフェリシモは24日、2020年の株主優待は同社が企画したオリジナルの「真九郎 cobacci(信楽焼の小鉢)」「特製ノート」などの自社商品詰め合わせになると発表した。中間期末に相当する31日時店の株主を対象に、同社株の継続保有年数に応じて商品を配布する。株主優待の権利付き最終売買日は27日になる。

 フェリシモは継続保有年数が1年未満の株主に1000円相当、1年以上10年未満の株主に3000円相当、10年以上の株主に8000円相当の自社商品を配布する。継続保有年数は2月末と8月31日に作成する株主名簿で、連続して記載・記録されることで判断する。優待の商品は11月上旬〜中旬の発送を予定しているという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告