阪急の神戸三宮駅、可動式ホーム柵の設置工事を28日開始 21年2月に完了へ

20200821阪急ホームドア

 阪急電鉄は20日、神戸三宮駅で可動式ホーム柵の設置工事を28日の営業終了後から始めると発表した。まず、同駅で大阪梅田方面に折り返す普通電車の降車用ホームとして主に使用する、2番ホームから設置工事を開始。3番ホーム、1番ホーム、4番ホームと順次工事を進め、全ホームで設置工事が完了するのは2021年2月下旬になる見通しだ。

 ホーム柵は腰の高さまでの可動式で、一部透過型(イメージ=阪急電鉄提供)。柵本体の高さは約1.3メートルで、開口部の幅は約3.2メートルになる。柵本体の厚みは約200ミリメートルになる。厚みは阪急の十三駅に設置した可動式ホーム柵よりも約100ミリ薄型化。乗客がより安全、快適にホーム上を移動できるよう、出来る限りホームの幅を確保する。

 今回のホーム柵の設置に伴い、列車の停止位置が変更になるため、電車のドア開口部に当たる乗車位置も変更になるという。各ホームでのホーム柵の利用開始日については、決まり次第、その都度発表する予定だ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告