TOAの4〜6月期、最終赤字3億7800万円 欧米中で都市封鎖が影響

20200804TOA決算

 放送設備大手のTOAが4日に発表した2020年4〜6月期の連結決算は、最終損益が3億7800万円の赤字(前年同期の3100万円の黒字)になった。新型コロナウイルスの感染拡大による海外各地の都市封鎖(ロックダウン)で、経済活動が停滞した影響を受けた。売上高の減少の影響で、費用をまかなえなかった。

 売上高は前年同期比7%減の84億円、営業損益は2億8600万円の赤字(前年同期は2億300万円の黒字)だった。「日本」「アジア・パシフィック」の売上高は微減にとどまったが、「欧州・中東・アフリカ」「アメリカ」「中国・東アジア」の3地域で売上高の減少が大きかった。ただ「第1四半期に設定した社内の目標数値には到達しており、新型コロナの影響は想定の範囲内だった」(菅原茂広報室長)という。

 21年3月期の業績予想は据え置いた。純利益はコロナの影響もあったて前期比71%減の6億円を見込む。同社の収益は公共施設などの完成が多い10月〜3月に集中しやすい傾向がある。ただ同社では、足元で再び新型コロナウイルスの感染者数が増えていることなどが不透明要因としている。

▽関連記事


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告