ノエビアHD、筆頭株主エヌ・アイ・アイが大倉昊会長から株式取得

 ノエビアホールディングスは3日、筆頭株主で創業家の資産管理会社であるエヌ・アイ・アイ(東京都港区)が、創業者である大倉昊会長からノエビアHD株441万株(発行済み株式数の12.91%)を同日付で取得したと発表した。エヌ・アイ・アイはすでに保有しているノエビアHD株797万2200株(同23.34%)とともに、長期的に保有する目的で取得したとしている。

 3月31日付の株数でみると、エヌ・アイ・アイは1238万2200株(同36.25%)を保有し、引き続き筆頭株主。第2位だった大倉昊会長の保有株式数は100万株(同2.93%)に減り、第4位の株主になった。ノエビアHDは、株主の異動による業績への影響はないとしている。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告