モロゾフ、百貨店再開で2〜7月期の赤字幅縮小 通期なお「未定」に

 モロゾフは31日、2020年2〜7月期の単独最終損益が2億円の赤字(前年同期は4億8800万円の黒字)になりそうだと発表した。従来予想の6億円の赤字から、赤字幅が縮小する。新型コロナウイルスについて国の緊急事態宣言が解除されると、大手百貨店が順次、全館営業を再開。販売は順調で、6月4日に示した従来予想は上回る見込みになった。

 売上高は17%減の115億円、営業損益は2億3000万円の赤字(前年同期は7億4400億円の黒字)になる見通し。従来予想は105億円、8億1000万円の赤字だった。

 新型コロナは感染の収束時期が見通せず、消費動向への影響も見極めにくい状況。このため21年1月期通期の予想は依然として困難であることから、引き続き「未定」とした。さまざまな情勢を考慮した見通しは、改めて公表するという。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告