アシックスの直営店売上高、欧州では前年を上回る週も 第30週

 アシックスは31日、2020年12月期の第30週(7月20〜26日)までの直営店の週次売上高グラフを発表した。日本の売上高は前年の約7割にまで回復した。欧州ではほぼ前年並みの水準に回復し、第29週では前年の同じ時期を上回った。中国では5月以来、総じて前年同期を上回って推移しており、第30週には前年比で約30%増と販売が伸びた。一方で、米国でも店舗の再開が進み、徐々に売上高が回復しつつある。

 アシックスは直営店の売買動向を2週間に1回、今年いっぱい開示を予定している。具体的な売上高の金額は示していない。開示対象は直営店の推移だけで、量販店などへの卸売りや、ネット通販での売上高も含まない。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告