ノエビアHDの10〜6月期、純利益27%減 新型コロナで化粧品販売減

20200728ノエビアHD決算

 ノエビアホールディングスが28日に発表した2019年10月〜20年6月期の連結決算は、純利益が前年同期比27%減の35億円だった。政府が新型コロナウイルスの緊急事態を宣言したことで、販売店の臨時閉店や営業時間短縮の影響で化粧品などの販売が減少。緊急事態宣言は5月25日に全面的に解除されたが、宣言の期間中を中心とした減収が利益を圧迫した。

 売上高は11%減の397億円、営業利益は26%減の69億円になった。このうち主力の化粧品事業は売上高が12%減の302億円、営業利益は22%減の80億円だった。新型コロナの影響は、高級品のカウンセリング化粧品に比べ、ドラッグストアなどでの店舗販売が多いセルフ化粧品がより大きく表れたという。ドリンク剤を中心とした医薬・食品事業は売上高が9%減の82億円、営業利益が6%減の9億9100万円。

 20年9月期の連結業績予想は据え置き。純利益は9%減の66億円になる見通しなどを維持した。同社は19年10月〜20年3月期決算を発表した5月13日に、今期の業績予想を下方修正。「足元でも修正後の想定通りに推移しているが、ここにきて再び感染拡大の報道もあるため、先行きは慎重にみている」(経理部の荒添正司部長)という。

▽関連記事


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告