神戸市、西村経財相に神戸経済支援などで要望書 国民全体の支えに

20200719久元要望書

 神戸市は19日、西村康稔経済財政・再生相に要望書「Withコロナ時代への対応に必要となる支援要望」を提出した。要望書は「検査・医療提供体制の整備への支援の充実」「神戸経済への支援の充実」「神戸市財政への支援の充実」の3部構成。神戸市の中央牛民病院はじめ新型コロナへの対応が病院の経営を圧迫している状況を伝えるとともに、国民全体の利益にもなる神戸市の施策への積極的な支援を求めた。

 神戸経済への支援については、テレワークや感染防止対策を実施する際の事業所への支援拡充に加え、海外との間で物流を支える神戸港や、神戸空港にも乗り入れている航空会社への支援で、物流網を維持することが国民生活の支えになると訴えた。さらに新型コロナ対策にも使われているスーパーコンピューター「富岳」を中心に研究施設を集積させることへの支援なども求めた。地域の実情に応じて取り組む独自施策の財源として、地方創生臨時交付金の増額と継続なども求めている。

 神戸市の久元喜造市長は、西村経財相が医療用ロボットのメディカロイドで、神戸市も開発に協力しているロボットを使ったPCR検査システムの視察に立ち会った。メディカロイドでの西村氏の視察の冒頭で、久元氏が要望書を手渡した(写真)。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告