家次神商会頭「第2波に備えた体力すでに失われた」 西村経財相と意見交換

20200719経財相と経済界

 西村康稔経済財政・再生相は19日、神戸市内のホテルで兵庫県・神戸市の経済界の関係者と意見交換した(写真)。出席した神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は、新型コロナウイルスを巡る国の緊急事態宣言を受けて「多くの企業が極めて短期間のうちに甚大なダメージを受け、第2波に備えた体力はすでに失われた状態」と説明。「感染拡大の防止と経済活動をどのように両立させるかが重要」と強調した。

 そのうえで家次氏は「経済界は、政府、地元行政と力を合わせ、かつてない危機を乗り越えていきたい」としながらも、「企業が前向きに希望を持って事業を継続できるよう、需要喚起策を含め、万全の対応策をこうじていただくことを期待する」と述べ、新型コロナの感染が再び拡大した第2波の際には、政府による財政支援を含め手厚く対応するよう求めた。

 これに対し西村経財相は、緊急事態宣言が「経済を無理やり止めるという中で、大変厳しい状況」と認めたうえで、政府も補正予算で手当てした持続化給付金がすでに260万社に3兆円を支出したほか、雇用調整助成金も上回る1兆6000億円と2008年のリーマンショックの際(1兆2000億円)を準備したことを説明。「特に中小、小規模事業者は厳しい状況にあると思われるので、お支えできるように頑張っていきたい」と話した。

 そのうえで西村氏は、「感染防止策をきちんとすればリスクは低くなるので、そのうえで経済活動を広げていかなくてはならない」と強調。ビジネスマンの飲み会などにも注意を促した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告