(動画)兵庫県、「新型コロナ追跡システム」運用開始 LINEとメールに対応



 兵庫県は10日、施設や店舗の利用者が新型コロナウイルスに感染したことが分かった場合に、同じ日に同じ場所にいた人に医療機関の受診などを促すよう連絡する「新型コロナ追跡システム」の運用を開始した。スマートフォンのアプリを活用して、新型コロナの感染者と接触があったかなどを確認する仕組みは国や大阪府なども運用しているが、兵庫県は通知の方法に通信アプリのLINE(ライン)とメールの2種類を選べるのが特徴だ。できるだけ多くの人が利用しやすい仕組みになるよう2種類にしたという。

 同システムを導入した神戸どうぶつ王国(神戸市中央区)で同日、兵庫県がシステムについて紹介。兵庫県の高崎和則・広域企画室長は「われわれの課題は事業者の方々に協力してもらわないと進まないということ」と説明。事業者が導入するための方法が「登録・印刷・掲示」の3段階で簡単なことや、無料で利用できるほか「感染症対策に取り組んでいるというPRになり、お客さまに安心して、信頼して(施設を)利用してもらえる」と強調した。今後はホームページや作成したチラシのほか、業界団体や市町を通じて事業者に同システムの利用を呼びかける方針だ。

 システムを導入した神戸どうぶつ王国の永田雅寛支配人は、導入を決めた理由について「まずはお客さまの安心につながれば」と話した。加えて、同園では感染予防のガイドラインに従って、来園者の任意ながら「手書きで連絡先をお預かりしてきたが、今回QRコードでスムーズに登録していただけるようになり、喜ばしく思っている」と話していた。同園では来園者向けにシステム登録用のQRコードを園内の多くの場所で掲示するほか、感染防止策を案内する掲示を屋内施設、屋外施設ともに掲示して注意を呼びかけている。(動画)

 兵庫県によると10日午後5時までに約400の施設からシステムを導入するための登録があり、各施設を訪れた800人超が利用者として登録したという。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告