雨傘シェアリング「アイカサ」JR神戸線の11駅でも 10日から

20200708利用駅

 JR西日本の神戸支社は8日、神戸市などと共同で雨傘のシェアリングサービスを10日から始めると発表した。JR甲南山手駅〜新長田駅の11駅に、12台(三ノ宮のみ2台)の専用傘立てを設置する。JR神戸線の利用者向けにサービス向上になるうえ、処分されたビニール傘など傘の廃棄物削減につながると判断した。すでに設置している阪神の駅や、神戸市内の公共施設など合計約75カ所と合わせて、80カ所を超す地点で利用できるようになり、特にJR神戸線利用者の利便性が高まる。

 傘シェアリングのスタートアップであるネイチャーイノベーショングループ(東京都渋谷区)が運営している。専用傘立てのある場所で借りたり返したりでき、両者は同じ場所でなくてもよい。6月15日から神戸市内や阪神沿線でのサービスを開始した。使用料は1回70円で、借りっ放しでも月内の上限は420円。専用のスマートフォンのアプリで登録した人が、傘立てから傘を取り出せる仕組みになっている。ただ今月31日までは利用料を無料とするキャンペーンを実施中だ。(図は新たに利用できる11駅=神戸市の発表資料より)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告