神明HDの前期、純利益60%増の61億円 売上高は3%減

 東証1部に上場する元気寿司は30日、非上場親会社の決算として神明ホールディングス(HD)の連結決算を発表した。神明HDの2020年3月期は、純利益が前の期に比べて60%増の61億円だった。特別利益を98億円計上したのが寄与した。細かい科目名は明らかにしていないが、特別利益は提携解消によって売却した回転すし大手スシローグローバルホールディングス株の売却益が大きいとみられる。

 売上高は3%減の2562億円、営業利益は44%減の15億円だった。売上原価は4%減の2123億円、販管費は6%増の423億円だった。

 このほか20年3月末時点で33人との株主数は1年前と変化はなく、このうち金融機関が4、その他の法人が8などとする株主の構成にも変化はなかった。上位10位の大株主は顔ぶれと保有株数も1年前と変わらず、筆頭株主は発行済み株式数の37.29%を保有する藤尾益雄社長。第2位株主は三菱商事で発行済み株式の13.42%を保有する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告