摩耶駅北ロータリーで病院入居のビルを着工 JR西日本不動産開発

20200629JR摩耶駅前NKビル

 JR西日本と傘下のJR西日本不動産開発は29日、JR神戸線の摩耶駅(神戸市灘区)前で「JR摩耶駅NKビル」(図=JR西日本不動産開発提供)に着工したと発表した。同駅北口のロータリーに西から面する、JR西日本が土地を所有する場所で、JR摩耶駅から徒歩1分の立地。核になるテナントには吉田アーデント病院(神戸市灘区)が現在地から移転、入居することが決まっている。

 工事に着手したのは15日。開業は2021年春を予定する。病院のほかにもスーパーマーケットや、クリニックモールが出店する複合施設になるという。鉄骨造の地上5階建てで、敷地面積は約2920平方メートル。延べ床面積は約5770平方メートルになる計画だ。建物設置者のJR西日本不動産開発は、駅前という立地の良さを生かした利便性の高をめざすとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告