メディカロイド社長にシスメックスの浅野氏 川重との折半出資会社

 川崎重工業とシスメックスが折半出資して医療用ロボットを開発するメディカロイド(神戸市中央区)は23日、社長にシスメックスの浅野薫・取締役専務執行役員が就いたと発表した。浅野氏はかねてメディカロイドの副社長も務めており、同社内では昇格になる。橋本康彦社長は代表権のない会長に就く。橋本氏が25日に開催する川重の株主総会を機に、同社の社長に就任する予定であることに伴う人事としている。

 メディカロイドは川重出身の田中博文常務が副社長に昇格し、代表権を持つことも発表した。浅野氏と田中氏が代表権を持つことになり、シスメックスと川重の双方から各1名が代表権を持つ体制が引き継がれた形だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告