川重、国内初の「水素液化機」を発売 3000時間超の連続運転で性能確認

20200610水素液化機発売

 川崎重工業は10日、国内メーカーとしては初めて水素を液化する設備「水素液化機」(写真=川重提供)を製品化し、同日から販売を開始したと発表した。政府は二酸化炭素(CO2)排出削減に向けた代替エネルギーの有力候補として、水素基本戦略で30年代に年間約30万トンの水素を活用する方針を提示。今後は需要が増すとみられる水素を効率的に貯蔵、輸送する際に必要な技術として普及をめざす。マイナス253度になると水素の体積が800分の1になる性質を利用した。

 燃料電池車(FCV)の1000台に充てんする量にあたる5トンの液化水素を、1日に製造できる。水素の液化工程で不純物の混入を排除し、99.999%と高純度の液化水素になる。耐震設計を採用しながら、液化機を縦に配置することで、比較的狭い土地に液化プラント建設できる。さらに液化プラントを起動する際には、24時間以内に液化運転が可能と高性能だ。価格は購入して据え付ける際の条件や、同時に購入する設備などによって異なる。

 3000時間を超す長い時間に連続運転する実証試験を播磨工場(加古郡播磨町)で実施するなどで、性能と信頼性を確認した。川重はロケット燃料の液化水素貯蔵タンクを建設するなど、水素を扱う経験も豊富。水素液化機に合わせて貯蔵タンクや輸送コンテナなどもあわせて、水素液化プラントとしても販売できる。水素の需要が高まれば、水素液化機も性能の異なるなど機種の品ぞろえを拡充したい考えだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告