今年の神戸マラソンは中止 来年11月に「第10回」開催、今年は代替イベント

 神戸マラソン実行委員会は5日、今年11月に予定していた「第10回神戸マラソン」を1年延期すると発表した。毎年開催している神戸マラソンを今年は実質的に中止する。神戸マラソンは2万人のランナーが参加することから、出場者が密集・密接する場面が避けられないと判断した。さらに運営スタッフなどの救護体制の確保も困難だろうと考えた。

 すでに参加料を支払ったメモリアルファンランの申し込み者は、参加料を変換する。シード枠や、ふるさと納税の寄付者である神戸マラソン応援ランナーなど、出走枠は来年の神戸マラソンに繰り越す。5月18日まで募集した一般の申し込み者については現時点で抽選しておらず、出走枠が確定していないため、来年に改めて募集する。

 今年度は感染拡大防止策が可能な範囲で、代替のランニングイベントなどを企画するという。兵庫県は5日発表した6月補正予算案にイベントの予算を盛り込んだ。三木総合防災公園(三木市)で約1000人の参加を想定。400万円を計上した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告