ケンミン食品、ヴィッセル選手の特別パッケージ販売 売り上げ全額を寄付

20200603焼ヴィーフン

 ビーフン国内最大手のケンミン食品(神戸市中央区)は3日、サッカーJ1ヴィッセル神戸の選手をデザインした特別パッケージの即席麺「ヴィッセル焼ヴィーフン」の30食セットを発売した。パッケージのデザインは、すべて異なる30パターン(写真=ケンミン食品提供)。ケンミン食品通販サイトの特設ページでのみ、334セット(1万20食分)を販売する。売り上げは全額、神戸市内の医療従事者の勤務環境改善に使う資金を集める「こうべ医療者応援ファンド」に寄付する。

 ヴィッセル神戸のスポンサー活動の一環で、当初13日に予定していた清水エスパルス戦をケンミン食品の協賛試合として、「ヴィッセル焼ヴィーフン」の約1万食を観戦客に配布する予定だった。だが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて試合が延期に。そこでケンミン食品はヴィッセル神戸と協議し、配布する予定だったヴィッセル焼ヴィーフンをサポーターへの販売に切り替え、売り上げ全額を寄付することを決めた。

 1食あたり約133円と通常の焼ビーフンに比べると割高だが、全30種類の特別なパッケージと箱を製作したことから、ほぼ製造原価という。本来はグッズを販売する際にはヴィッセル神戸にライセンス使用料を支払う必要もあるが、ヴィッセル神戸はライセンス使用料分も含めて寄付すると位置づけた。ケンミン食品のサイトだけで販売し、仲介手数料なども発生しないようにした。

 試合で配布される場合は1食分しか受け取れないが、全30パターンをすべて入手できる珍しい機会にもなる。価格は税込み4000円とした。6月中旬に配送を予定。配送費用はケンミン食品が全額負担する。334セットの販売で寄付額は133万6000円になる予定だ。購入した人の名前は寄付者として、ケンミン食品のホームページに掲載する。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告