兵庫県「ポストコロナ社会」で提言とりまとめ 五百旗頭氏が発案で

 兵庫県の井戸敏三知事は1日の定例記者会見で、有識者による「ポストコロナ社会兵庫会議」を発足させると発表した。兵庫県立大学の理事長である五百旗頭真氏の発案という。広く社会や国に対する提言「ポストコロナ社会に向けた提言(仮称)」を6月中をめどにとりまとめる。有識者の顔ぶれについて井戸知事は「兵庫県に関係の深い有識者にそろっていただいた」と説明した。

 五百旗頭氏が座長を務めるほか、10人の有識者で構成する。構成員である有識者は以下の通り。

 ▽神戸大学客員教授の荒川創一氏▽建築家の安藤忠雄氏▽兵庫県商工会議所連合会頭(シスメックス会長兼社長)の家次恒氏▽カーネギーメロン大学教授の金出武雄氏▽神戸大学教授の砂原庸介氏▽神戸新聞社会長の高士薫氏▽兵庫県立大学教授の畑豊氏▽劇作家の平田オリザ氏▽神戸市看護大学学長の南裕子氏▽兵庫県立大学教授の室崎益輝氏。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告