TOA、筆頭株主ダルトンの持ち株比率7.37%に低下 大量保有報告書

 TOAは20日、同社の筆頭株主で米運用会社のダルトン・インベストメンツがTOAの持ち株比率を引き下げたことを、19日付でダルトンが関東財務局に提出した大量保有報告書で確認したと発表した。ダルトンの持ち分は発行済み株式数(議決権ベース)の10.58%から7.37%に低下した。引き続き筆頭株主にとどまる。

 大量保有報告書によると、ダルトンは139万株のTOA株を14日に市場外で売却。売却価格は1株723円だった。売却した理由は特に明らかにしていないが、顧客の資金で取得したTOA株を売却したとしており、通常の投資判断の一環で売却したとみられる。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告