六甲山牧場が営業を再開、レストランも23日から ファッション美術館も再開

 神戸市は神戸市立六甲山牧場(神戸市灘区、六甲山上)が18日に、すべての一般開放エリアで営業を再開したと発表した。新型コロナウイルスの感染防止を目的に臨時休業していたが、神戸市が対応方針を改定したのを受けて再開することを決めた。営業時間は午前9時〜午後5時。

 牧場内のレストランは土曜日の23日に再開する予定だ。駐車場の一部も23日から再開する。来場者にはマスクの着用や、アルコール消毒液による手指の消毒など、感染防止策も求めている。

 あわせて神戸市は市立神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)の展示室も19日から公開を再開すると発表。午前10時〜午後6時に営業(毎週月曜日に休業)。開催を延期していた企画展「Treasures of Fashion ヴァレリー・スティールの審美眼」を8月30日まで開催する。

 ファッション美術館のライブラリーやセミナー室、ホール、ギャラリーは引き続き閉鎖する。緊急事態宣言の解除などをきっかけに改めて再開を検討する予定としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告