ドーン、5月期末の配当金10円に積み増し 8円50銭から

 ジャスダック上場で地理情報システムを活用したシステム開発のドーン(2303)は18日大引け後、2020年5月期末の配当金を前期比2円50銭増の10円にすると発表した。従来予定の8円50銭から1円50銭を積み増した。中間配当は実施しなかった。足元の好業績を反映し、株主への利益配分を強化する。

 同社は今期の連結純利益が19%増の1億8500万円になる見通し。聴覚障害者などが119番通報するのに対応したクラウドサービス「NET119緊急通報システム」が普及し、サービスの利用料収入が伸びている。新型コロナウイルスの影響も目立って受けていないもようだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告