池田泉州銀、初の銀証共同店舗を神戸で営業開始 JR三ノ宮駅前・ATMも新設

20200518池田泉州共同店舗

 池田泉州ホールディングス傘下の池田泉州銀行は18日、池田泉州銀行と池田泉州TT証券の神戸支店が同一フロアで営業する銀証共同店舗をオープンした(写真)。池田泉州HDのグループで銀証共同店舗を開設するのは初めて。資産の活用や資金の運用、相続に関する相談など、さまざまな金融サービスをワンストップ(1カ所)で提供する。富裕層や企業経営者などを取り込みやすくした。

 場所はかねて池田泉州TT証券神戸支店が営業していた、神戸新聞会館(ミント神戸、神戸市中央区)の13階。JR三ノ宮駅前の好立地を生かして、幅広い相談のニーズを集める。加えてミント神戸1階に池田泉州銀のATMコーナーを13日に新設した。ただ新型コロナウイルスの緊急事態が宣言される中ということもあり、多くの人が集まる開業記念式典などは開催しなかった。

 池田泉州ホールディングスは神戸で初の銀証共同店舗を開設すると1月に発表していた。池田泉州TT証券は、池田泉州HDと東海東京フィナンシャル・ホールディングスが共同出資した証券会社。関西で初めての地銀の証券子会社として2013年に発足した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告