さくらKCS、今期純利益1%増に 改元・消費税率上げ需要の反動で減収

20200516さくらKCS

 情報サービスのさくらケーシーエスは15日、2021年3月期の連結純利益が前期比1%増の4億8000万円になる見通しだと発表した。改元や消費税率引き上げに伴う需要が今期はなくなるが、特別損失として計上した1億3900万円の有価証券評価損の計上もなくなり最終増益は確保する。年間配当金は前期据え置きの12円(うち中間6円)を予定する。

 売上高は3%減の230億円、営業利益は18%減の6億4000万円を見込む。前期は公共関連部門で、消費税率引き上げに伴うプレミアム付商品券対応案件や改元対応案件などで、自治体向けのシステム構築・運用が伸びた。産業関連部門でも、消費税率引き上げに伴うシステム機器の駆け込み需要や、軽減税率制度へのシステム対応など一時的な需要が膨らんだ。この反動を営業の強化だけでは補えない見通しだ。

 同時に発表した20年3月期の連結決算は、純利益が前の期比23%増の4億7300万円だった。需要増による稼働率の向上で、採算も向上した。売上高は9%増の238億円、営業利益は7億7800万円だった。

 あわせて2023年3月期を最終年度とする3年間の中期経営計画も発表した。23年3月期の計画値は売上高が240億円と、20年3月期実績に比べて1%増。営業利益率は3.1%と、前期の3.3%から低下する見通し。一段の収益規模の拡大に向けて、情報セキュリティ体制の再構築や、新人事制度による働き方改革などの内部体制整備に力を入れる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告