スカイマーク、31日まで減便を継続 神戸発は羽田2便など計4便

 スカイマークは13日、22日までを予定していた減便を31日まで延長すると発表した。神戸発着便では引き続き、羽田便が2往復と、新千歳と那覇が各1往復で合計4往復を運航する。仙台、茨木、長崎、鹿児島の路線は引き続き運休する。

 神戸発で運航する便は羽田行きが午後1時発と午後4時10分発、新千歳行きが午後0時45分発、那覇行きが午前11時15分発の4便だ。

 スカイマーク全体では減便の結果、5月は計画便数4835便のうち4150便を運休・減便することになった。全体の85.8%が欠航する。仙台、茨木、成田、中部、長崎、奄美の発着便はすべて運休している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告