神戸にともす「希望」の明かり ホテルオークラ神戸

20200508オークラ


 ホテルオークラ神戸(神戸市中央区)は7〜9日の3日間、神戸市街に向いた北側の客室の明かりで「HOPE」の文字が浮かび上がるライトアップを実施する(写真)。新型コロナウイルスの感染拡大で不安な日々が長期化する中、HOPE(希望)の明かりで勇気付ける。同時に東側の客室の明かりでは「KOBE」の文字を描く。文字のライトアップは午後7〜9時ごろに実施する。

 同ホテルは1989年に開業。95年の阪神淡路大震災では営業の休止を迫られたが、営業再開直前の2月下旬、客室の明かりで作った「ファイト」の文字が当時の神戸の人々を力強く励ました。今回は観光需要、ビジネス需要ともに蒸発し、ホテル業界も厳しい局面だが、客室が空いた機会を逆に活用。1日も早く事態が収束し、おだやかな日々を取り戻せるようにとメッセージを託す。

 北側に面した客室122室のうち53室、東側は103室のうち47室の明かりを付けて、「HOPE」「KOBE」の文字を表現した。ビルの最上部は医療関係者への感謝の気持ちを表す、青い光のライトアップを31日まで続ける。 

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告