スタジオアタオ、店舗の臨時休業を継続 新型コロナで7日以降も当面

 バッグや財布などの革製品を企画・販売するスタジオアタオは7日、政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言を延長したのを受けて、「ATAO(アタオ)」「IANNE(イアンヌ)」「ILEMER(イルメール)」の3ブランドのべ10店舗が臨時休業を継続すると発表した。いずれも緊急事態宣言の対象地域で、入居している百貨店や商業ビルの休館に伴う臨時休業だ。

 休業する店舗は「ATAO」ブランドがアタオランド店(神戸市中央区)、大丸梅田店(大阪市北区)、新宿店(東京都新宿区)、有楽町店(東京都千代田区)、横浜店(横浜市西区)、名古屋店(名古屋市中区)の6店舗。「IANNE」ブランドがアタオランド店、新宿店、横浜店の3店舗。「ILEMER」ブランドはアタオランド店の1店舗だ。

 従来は休業期間は6日までとしていたが、今回は「当面の間」としている。政府や自治体の要請や情勢変化によって、営業再開を見極めたい考えだ。業績への影響については「開示すべき事項が生じた場合には、適時開示を行う」としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告