078KOBE Onlineが閉幕 実行委員長「今年は2回できるということ」

20200503閉会式

 オンラインイベント「078KOBE Online」が3日夕方、すべての行事を終えて閉幕した。午後6時からの閉会セッションで藤井信忠実行委員長(写真下=078KOBEが配信した動画より)は、本来予定していた「078KOBE」を8月と9月に延期したことで「今年は2回の開催ができるということ」と話し、秋の開催への意欲を改めて述べた。さらに討論や座談会といったカンファレンス(会議)系の企画に加えて、体を動かすダンスセラピーなどもあり「外出ができない中で、少しでも頭や体に刺激を与えるのに使ってもらえたのではないか」と手応えを語った。

 今回は2日間の会期で10を超えるネット上のプログラムを展開。国内の都市型フェスティバルとしては、ネット上のみの開催で「期せずして先行することになり、これも実験都市としての役割」とも話した。一方で、延期した秋の会期には、ネット上の仮想空間にリアルな場が加わり「ハイブリッドになることで、どういう価値が生み出されるか、どういう価値を作っていくか、我々自身が考えなくてはならない」と指摘した。「視覚と聴覚以外の感覚や、直感なども生かして楽しめるリアルな場をどう作るのか、楽しみにしていてほしい」と話していた。

 動画配信を担当した薬師寺秀樹氏(写真左上)は「2日間でノウハウがたまったし、いろいろ実験的なこともできて楽しかった」と実感を述べた。そのうえで、今回の準備や実際の配信で一連の動きを「ホワイトペーパー(報告書)にまとめて、078KOBEのホームページで公開したい」と述べ、もともとリアルの場で計画したイベントをネットに切り替える際のノウハウなどを共有することに前向きだ。

 078KOBE Onlineは、今月2・3日に予定していたクロスメディアイベント「078KOBE」が新型コロナウイルス感染防止を目的に8月29・30日、と9月5・6日に延期になったことを受けて開催。従来日程で、外出を伴わずに開催できる行事を4月上旬に延期を決めた直後から企画した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告