神戸市の「テレビ授業」7日からサンテレビで放送 「032ch」で午前10時に

 神戸市教育委員会は1日、小中学校などの臨時休校で児童生徒が登校できない期間が長引いていることから、神戸新聞社(神戸市中央区)傘下のテレビ放送局であるサンテレビジョンと連携し「テレビ授業」で家庭学習を支援すると発表した。番組名は「こうべっ子@ホーム学習チャンネル『おうちDEまなぼう』」とし、7日午前10時からサンテレビの第2チャンネル(032チャンネル)で放送する。

 月曜日から木曜日の午前10時から1時間の放送を予定。1日に15分の番組を4教科分放送する。5月末までの休校を想定し、28日まで放送。15分の「授業」を28コマ制作する計画だ。対象は小学校1年生〜中学校3年生まで。サンテレビは番組制作の技術的支援、映像編集、放送、動画配信などの業務などを担当。市教委は動画の内容企画、シナリオ作成、教材の準備などを担当する。

 出演するのは教育委員会で各教科を担当する指導主事や、市教委が認定した高い技能を持つ教員「神戸授業マイスター」といった、経験が豊富な教員たちだ。7日の初回放送は(1)テレビ学習について(2)小学校(全学年)・体育(3)小学6年・外国語(英語)(4)中学3年・数学。金曜日である8日と15日には午前10時から1時間に再放送する。

 いずれも放送した動画は「サンテレビ公式YouTubeチャンネル」で順次配信する。見逃しても好きな時間に見たり、繰り返し見たりできる。動画は神戸市の児童生徒が対象に制作するが、サンテレビで放送するため同社の電波が受信できれば神戸市外でも視聴できる。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告