住友ゴム、ゴム手袋9万7500組を政府に寄付 医療用の物資を支援

20200428住友ゴム手袋
 住友ゴム工業は28日、新型コロナウイルスの感染拡大による医療物資の不足を受けて、子会社を通じて販売している「ニトリルゴム手袋」(写真=住友ゴム提供)の9万7500組を日本の政府に寄付したと発表した。タイの協力工場で製造。高い強度があり、薬品などにも耐性を持つのが特徴で、医療用としても多く使われる万能型の手袋だ。

 医療物資の不足に関連して政府から協力の要請があり、住友ゴムが応じたという。寄付する品目については政府と相談して決めた。全国の医療機関などに順次配布される見通し。

 住友ゴムでは新型コロナへの感染防止を目的に、神戸市中央区の本社で約8割、東京本社で約9割の社員が在宅勤務を実施している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告