ANA、5月6日まで神戸発着なし AIRDOとソラシドは各1往復を運航

20200409神戸空港ANA機

 ANAホールディングス傘下の全日本空輸が発表した追加の減便計画によると、4月29〜5月6日の大型連休中にANA便の神戸発着はなくなった。同社は通常ダイヤで神戸〜羽田を1日に2往復、神戸〜新千歳を同1往復を運航しているが、いずれの路線も運休する。新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の後退などに対応した。

 5月7日以降の運航計画はは明らかにしていない。政府は新型コロナの緊急事態宣言を5月6日まで発令するとしている。

 AIRDOは通常ダイヤで1日2往復の神戸〜札幌便を1往復にする減便を継続する。5月31日まで神戸発は午後5時50分発の121便だけ運航する。ソラシドエアは通常ダイヤで1日に3往復ある神戸〜沖縄便を、1往復にする減便を5月31日まで継続。神戸発は午後1時40分発の25便だけを運航する。(写真は神戸空港=資料)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
神戸市域の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事が書き下ろしです。詳しくはこちら。

広告